最後の禁煙はチャンピックスで

チャンピックスは確実に禁煙できる?

チャンピックスは、禁煙治療薬の一種であり飲み薬です。一般的にタバコにはニコチンが含まれており、これが脳内のニコチン受容体と結合することでドーパミンと呼ばれる物質が放出されます。ドーパミンは快感を生じさせる物質なので、これがタバコをやめられない原因となります。ニコチンが切れるとイライラしたり、落ち着かなくなるのはこのためです。チャンピックスには、この症状を抑える効果があります。チャンピックスには、ニコチンが切れたときのイライラなどの不快感を抑え、さらにタバコを吸っても美味しくない、と感じさせる効果があるため、禁煙の手助けをしてくれるのです。チャンピックスを服用することで確実に禁煙出来るかどうか、というのは人それぞれですが、服用しない人よりも禁煙できる成功率は上がると言えます。禁煙治療をするためには、12週間というある程度長い期間が必要となります。そのため、継続的に薬を飲み続けなければいけない、ということが最低限守るべきことだとされます。ただ、多くの人が陥りがちな失敗として、即効性が無いからと言ってすぐに服用しなくなってしまうことや、だんだん吸う本数が少なくなって薬を服用しなくても大丈夫だ、と自分で勝手に判断して、服用を中断してしまうことです。医師の診断なく、勝手に服用を中断してしまうと、再びタバコを吸ってしまい、禁煙治療も失敗してしまいます。そのため、確実に禁煙するためには医師の指示に従い、チャンピックスを飲み続けることが重要です。ただ、一度禁煙できたとしても環境が変わったり、ストレスなどで再びタバコを吸ってしまう人も大勢います。禁煙し続けるためには、医師や周囲の人に協力してもらい、吸わないという意志を持ち続けることも大切だとされます。

チャンピックスで何故禁煙できるのか

チャンピックスは禁煙補助薬です。禁煙補助薬というと、タバコと同じくニコチンを含む薬もありますが、チャンピックスはそのような薬とは異なります。まずチャンピックスはニコチンを含みません。かと言って、ニコチンと全く関係のないところで効いているのかというとそうでもありません。脳の神経細胞にはニコチンレセプターがあり、ここにニコチンが結合することで、心地よさを感じる物質が放出されるようになっています。チャンピックスはニコチンではありませんが、このニコチンレセプターに結合はするのです。そして、本物のニコチンほどではありませんが、心地よさを感じさせる物質を少しだけ放出させます。このためタバコを吸わないときの禁断症状を和らげます。もう一つ重要なことは、本物のニコチンがこのレセプターに結合するのを邪魔します。そのため、タバコを吸っても今までのような心地よさが得られなくなり、タバコをおいしいと感じなくなります。この二つがチャンピックスの効果です。タバコの代わりにニコチンを摂る方法では、確かにタバコを吸いたくなったときの代替とはなりますが、言ってしまえばそれは完全な代替であって、別にニコチンへの依存を直接減らしたり、抑えてくれたりするわけではありません。言い換えれば、タバコは止められたとしてもニコチンが止められるようになるかというと、もちろんそれを目指して禁煙プログラムを進めるわけですが、やはり全員が成功するとは限らないわけです。チャンピックスはニコチンそのものではなく、ニコチンすなわちタバコを吸っても今までのような心地よさが得られにくくなることで、ニコチンへの依存を減らしてくれます。一方で、ニコチン的な働きも多少持っているために、禁断症状も和らげてくれます。禁断症状を抑えつつ依存を減らすことで、禁煙に成功する可能性がぐっと高まるのです。

チャンピックスはお得にまとめ買い

チャンピックスは禁煙補助剤として利用され、禁煙外来で診察を受けると購入することが可能です。ニコチンを使用しない飲み薬で、禁煙達成率も高く、服用開始のその日からタバコをやめる必要もないのが特徴です。ニコチン依存症は、タバコを吸うことでニコチンが体内に吸収され、脳内の受容体に結合することで快楽物質となるドパミンを放出します。この作用で一時の快楽や安心感を得ることができるのですが、1時間もしないうちにニコチンは消失し、その落差によって再びタバコを吸いたいという欲求があらわれます。もう1本だけと繰り返していくうちに依存症となるのが問題で、チャンピックスの有効成分であるバレニクリンは、ニコチンが結合する受容体に先回りして取り付き、結合するのを防ぐことでタバコを吸った際の満足感を得られなくします。また、少量の快楽物質を放出することから、禁煙による離脱症状を緩和することもできます。科学的に証明された方法で行うことから、手軽に禁煙ができるのですが、問題は医師の処方薬となっている点です。チャンピックスは第一類医薬品となっているため、国内でのネット通販では取り扱いがなく、入手するには病院で診察を受けて処方してもらうか、海外から個人輸入によって入手するしかありません。国内での購入は健康保険が適用できれば安く済むのですが、2度目の禁煙治療あるいは特定の要件を満たしていないと自由診療となり、全額実費での支払いとなってしまいます。海外からの個人輸入であれば薬代だけで済み、さらにスターターパックとメンテナンスパックのセットで3ヶ月分の一括購入をすると、割引価格で提供されていることから、個別で購入するよりも安く入手することが可能です。